併用禁止の薬に注意

curative

ED治療薬といえばバイアグラ!というイメージがあるので、一番効果が高いのもバイアグラだと思われていますが、
実は日本ではレビトラが一番強いED治療薬なんです。
国外ではバイアグラの100mgというのも販売されていますが、日本人には強すぎるということで販売が認められていません。
そのため、日本で正式に認められたED治療薬の中で一番強いのはレビトラになるというわけです。
レビトラの主な副作用は頭痛、ほてり、動悸など。
これらの副作用はED治療薬全般で起こりうるものなので、これだけ効果が強いのに副作用が少ないというのも嬉しいですよね。
ただ、レビトラは、バイアグラの欠点を補い、効果も強いというとても優秀な薬ですが、
他のED治療薬に比べると禁止事項が多いというデメリットもあります。
たとえば、グレープフルーツや、グレープフルーツジュースを飲んだ後にレビトラを服用すると、
レビトラの成分が強く作用しすぎるのでとても危険だといわれています。
セックスの前に食事をする、という人も多いと思うので、グレープフルーツには十分注意して下さいね。
また、狭心症を患っている場合は特に注意が必要です。
狭心症になった際に使用するニトログロセリンはレビトラと併用することで急激に低血圧を起こしてしまう危険性があります。
抗不整脈薬や抗真禁薬など、他のED治療薬では併用して問題がないのに、レビトラで併用禁止という薬も多いです。
飲み薬ではない水虫の薬でも併用することで身体に悪影響を及ぼす危険があるので、
レビトラを服用する前に必ず併用してはいけない薬などをチェックしておくようにしましょう。


Copyright ©2016 即効性ならレビトラで決まり!EDの心強い味方です.All rights reserved | Design by W3layouts