即効性と持続性がウリ

headache

生活習慣病というのはその名の通り、生活していく上で発症してしまう病気なので1年~3年という長い時間をかけて発症します。
そのため、発症するのにも時間がかかりますが、治療にも時間がかかる病気なんです。
もし生活習慣病が原因でEDになってしまった場合、完治するまでEDのまま、というのはあまりに辛いですよね。
そんな時はED治療薬の力を借りましょう。
ED治療薬というと、やはりバイアグラが一番有名ですよね。
何に使うかわからないけど名前だけは知っている、なんて女性もいるくらいです。
ですが、実はそんな有名なバイアグラの欠点を補うために開発された「レビトラ」というED治療薬があるんです。
レビトラは元々ドイツの会社で販売されていて、2004年で日本で正式にED治療薬として認められた薬です。
バイアグラは日本で始めて認可されたED治療薬として知られていますが、
実はレビトラはバイアグラの次に認可された、日本で2番目のED治療薬なんです。
レビトラが優れているのは「即効性」と「効果の持続性」です。
バイアグラは確かにEDに対して高い効果を発揮してくれますが、服用後1時間ほどで効果が出始めるので、
どうしてもセックスの直前に飲んだのでは遅すぎるというデメリットがありました。
それに比べてレビトラは服用後最短15分、遅くても30分ほどで効果が出てくるので、
急なセックスのチャンスも逃すことなく対応できます。
セックスを始める本当に直前に飲んだとしても、キスや前戯をじっくり行っているうちにしっかり反応してくれますよ。
また、バイアグラは長くても6時間が効果の最高持続時間でしたが、レビトラは8時間~10時間ほど効果が続きます。

Copyright ©2016 即効性ならレビトラで決まり!EDの心強い味方です.All rights reserved | Design by W3layouts