食事の影響を受けにくい

sad

レビトラは即効性が魅力のED治療薬なので、セックスの15分~30分前に服用するようにしましょう。
バイアグラなどのED治療薬は食事の影響を受けやすいという特徴がありましたが、レビトラはED治療薬の中でも食事の影響を受けにくいことで知られています。
場合にもよりますが、セックスをする時ってレストランなどで食事を済ませてから少しゆっくりして、ホテルへ移動していざ…という流れが多いような気がします。
それなのに食事の影響を受けやすいなんてことになると、デートをしてからのセックス、という自然な流れではED治療薬は本来の効果を発揮してくれないことになってしまいますよね。
レビトラは食事の影響を受けにくいので、食事を済ませてホテルへ移動し、女性がシャワーを浴びている間に服用すれば期待通りの効果を発揮してくれるんです。
ただ、もちろんレビトラも他の薬同様、空腹時に服用した方がより高い効果を発揮できるので、可能な場合は空腹時に服用しておきたいですね。
もし食事前に服用したとしても、持続時間が長いレビトラなら、ゆっくり食事をしてからのセックスでも、十分効果を発揮してくれますよ。
ただ、レビトラは他のED治療薬同様、使用できるのは1日1回まで。
決められた用法用量を守らないと思わぬ副作用を引き起こす可能性もあるので注意して下さいね。
レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類があり、数値が高い順に効果も高くなっています。
日本人がレビトラを使用する場合、10mgでも十分な場合があるので、まずは10mgから試してみましょう。

Copyright ©2016 即効性ならレビトラで決まり!EDの心強い味方です.All rights reserved | Design by W3layouts